So-net無料ブログ作成
検索選択

カシオのデジタルピアノCELVIANO Grand Hybrid [その他]

赤松 林太郎さんが、
カシオのデジタルピアノを演奏するコンサートがあったので、スクリーンショット(2017-03-08 19.59.34).jpg

聴きに行ってみました。
デジタルピアノというと、
近所から、ピアノの音がうるさいと文句が出るので、
練習用に置いてるイメージしかなかったので、
ピアニストの方が演奏すると、どうなのかな〜と思って。スクリーンショット(2017-03-08 19.57.13).jpg

 

スクリーンショット(2017-03-08 19.57.41).jpg

 

スクリーンショット(2017-03-08 19.57.57).jpg

スクリーンショット(2017-03-08 19.58.07).jpg

ベルリン・グランドハンブルク・グランドウィーン・グランドの音色が入っていて、           スクリーンショット(2017-03-08 20.00.08).jpg 

1曲目は、音色のデリケートな移り変わりを楽しめるベヒシュタインのベルリンで、
シューマン作曲=リスト編曲の「献呈」を演奏してくれました。スクリーンショット(2017-03-08 19.58.24).jpg

 

スクリーンショット(2017-03-08 19.58.33).jpg

「日本が電子ピアノ(デジタルピアノ)の開発に力が入ってるのは、
住環境の問題があって」という話しから、
「アコースティックは、弦が張ってある。
指先の感覚で音を作るのが大事。
音が出るところまで4〜5mm。タッチ感が勝負。
木製鍵盤を使って、本物に近づけようとしている。
打鍵でゆっくり押す、打鍵する時のスピード感、
タッチ感をぜんぶ出してくれる」

 

2曲目は、ウィーンの音色で、熱情の第3楽章

「メローとブライトがあって、
デジタルの便利なところ、スイッチひとつで音色が変わる。
エレクトリックだからできる音とか効果。
電子ピアノが苦手だったもの、メロディアスなもの」
と言って、ウィーンで、もう1曲、
ショパンのノクターン第1番を演奏してくれました。

ハンブルクは、はなやかな音、明るくて弦共鳴が多い。
ひとつの音を弾いているのに共鳴して、」
と、ショパンのワルツ第4番(
子猫のワルツ)。   

スクリーンショット(2017-03-08 19.59.13).jpg

 

「弦共鳴を体で感じることはできないけど。
ベヒュタインのピアノは、リスト、ドビュッシーが好きだった。
いくぶん丸みがあり、ひとつひとつの音がからみ、和声的に響く」
ということで、ベルリンでドビュッシーのアラベスク1番

「オブリビオン、リベルタンゴ、曲想のちがう曲を、
音色のデリケートなベルリンで、オブリビオン
ハンブルクのはなやかな方でリベルタンゴを弾きます」

さいごに、カシオのサービスで、CDをいただきました。スクリーンショット(2017-03-08 20.03.41).jpg

CDを配るのに、ステージの前に並んで、
赤松さんと写真を撮りたい人は、
自分のカメラ、スマホを渡すと、カシオの社員が写真を撮ってくれて、
うまく考えてるな〜と思いました。

試弾コーナーもあったのですが、
混んでいたので、さわらないで帰ってきました。
2台目のピアノにはいいと思いましたが、
はじめから、デジタルピアノだと、
ふつうのピアノをさわった時に、重く感じるみたいです。
試弾してないので、その辺のことはわかりませんが。

 カシオのホームページに、コンサートレビューがあります。
 http://music.casio.com/ja/products/digital_pianos/ghs/baton/


 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。