So-net無料ブログ作成

『ピアノ 歴史 講座』 [その他]


エルム楽器の八軒センターで、

『ピアノ 歴史 講座』を受講してきました。


ピアノ1.jpg



八軒センターは、駐車場が少ないので、
琴似の西区民センターに車を置いて、

15分ほど歩いて行ったのですが、
途中の銀行のところの温度計が、31度と出ていて、
日差しが出ていて、ほんと暑かったです。
北海道でも、本州並みに暑くなることがあって、
日射病になるんじゃないかと、思ったくらい。

やっと、エルム楽器の看板が見えてきて、ほっとしました。
ピアノ2.jpg

ホールの中の、写真撮っておきました。
無垢材をふんだんに使った壁、ぜいたくな造りです。

ピアノ3.jpg



ピアノ4.jpg



ピアノ6.jpg





講座は、パワーポイントの資料を映しながら、

ピアノ7.jpg



ピアノ8.jpg



ピアノで演奏をまじえて進められました。
エルム楽器の社員の方って、
けっこう楽器を弾く人が多い気がします。

今日の講師は、調律師の森下 圭介さん。
宮下奈都さんの小説『羊と鋼の森』に出てくる、主人公みたいな、
若い調律師さんです。

ピアノ9.jpg



クラヴィコードとチェンバロのいいところを合体させたものが、
さいしょのピアノなんですね。


ピアノ10.jpg


チェンバロといえば、最近 リコーダー に興味があって、
リコーダーと相性がいいのが、チェンバロでした。


で、名前も、クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ
とよばれていたそうです。


ピアノ11.jpg



初期のピアノの鍵盤数、54鍵て、

ピアノ12.jpg



黒い紙で隠している部分以外のところ、
エレクトーンの49鍵に近いですね。


ピアノ13.jpg



鍵盤数が少なかった時代、
ベートーヴェンが作曲した「テンペスト」。

ピアノ14.jpg



もう一人の講師、滝澤 愛莉さん。
教室スタッフだそうですが、ピアノもかなりの腕前。

ピアノ15.jpg



鍵盤数が増えてきて、作曲したのが「熱情」。
なんか、鍵盤数が増えていく過程、
パソコンとか、スマホの機能が増えていく過程と、
似てるような気も、、、


ピアノ16.jpg


で、「熱情」も、滝澤 愛莉さんが、演奏してくれました。



トルコの軍隊がヨーロッパに行軍してきた頃、流行ったピアノ。
ピアノにシンバルが付いていて、
トルコ行進曲を弾くと、こんな感じだったと、再現してくれました。


ピアノ18.jpg

私、このピアノ、音大時代、大学の楽器博物館で見たことあります。
もう、何十年前になるかな~

検索したら、こういうピアノに関する記述↓ 、あるんですね。


風変わりなピアノ(2) トルコ行進曲用ピアノ (9)




連弾曲も披露してくれました。

ピアノ17.jpg


知らないことがいっぱいあって、すごく勉強になりました。
「質問ありませんか?」と言われましたが、
質問できるほど、わかってなかったので、
質問できなかったな~


パワーポイントをプリントアウトした資料をいただいたので、
復習しておこうと思います。
特に、ピアノのアクション関係。


演奏もいっぱい披露してくれて、ありがとうございました。












コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。